スポンサーリンク

【ネットライム】韻と小節について

どうも、hundreadnoughtsのラフィンです。

あんまり技術的なものを語れる身でもないんですが今回ちょっと書いてみます。

お題としては誰もが思いつけるし、誰もが遊べるお手軽な遊び「韻」に「小節」という要素を付け足して自分なりに簡単に語っていきます。

まず、一般的に韻とは何か?と言われると

・母音を合わせる

これで正解だと思います。

あまり踏んだこと無い人だと
母音を合わせた言葉ってなかなか思いつかないと思われるかもしれませんが、
実は母音を合わせるだけならほぼ無限といってもいいんじゃないかと言えるほど
踏む事は出来るんです(名詞、口語も含めて)

例えば
ちくわ→いうあ(母音)
渋谷、いくら、ジブラ、昼間、知るか、引くわ、字面、叱咤、乳房etc

文字数が多くなればなるほど言葉を繋げる作業も出てきますが、
まあ時間をかければなんだって出来るというものです。

例えばちくわで踏みたかったら頭の中で、ちくわちくわと繰り返し唱えて
だんだん言葉を変えていきます。
ちくわ、ちくわ、ちくさ、しくさ、しぐさ、仕草!?(踏めました)
とか
ちくわ、ちくわ、いくわ(まあ行くわ、も良し)いくら、イクラ!?(踏めました)

のような感じで脳内で踏みたい言葉を繰り返して徐々に言葉を変え、
しっくりくる言葉を探すと。僕は割と今でもこんな感じで韻を探します。

韻ノートを見れば手っ取り早いんですが、やっぱり自分で思いつくのが一番楽しいと思います。

語彙力の問題もあるかもしれませんが、例えば街を歩いていて眼に入る情報は全て語彙に変換出来ますし、
色々なものを眼に入れる癖をつけることができれば
語彙なんてほっといても増えていくと思います。

まずは変換作業を頭で行ってみる。上手く行かなければ題材を変えてみて再チャレンジ。
母音を合わせて言葉を変換する作業になれれば
あなたもライマーの仲間入り!

そして、今回の僕の中での本題、小節についてです。

小節は本来、音楽で使われる言葉ですがネットライムでもよく使われる言葉です。

ネットライムは元々mcバトルから派生した遊びなので音楽的に8小節以内に
自分のリリックを収めたり、といった風に主に
リリックの長さに言及するときに使ったりします。

リンクしているサイト、FSBなどではよく8小節✖︎3回のバトルなどが行われています。

ちなみにこの小節はあくまで自己申告ですし、この文節の長さで1小節!?みたいに思う時もありますが
あくまで目安のものと考えていただければ。

そしてこの小節、実は韻を踏むのに大きく関わってきます。
例えばわかりやすいアーティストで言うとジブラ氏やDragon Ashのkj氏。
彼らは小節の最後の言葉で韻を踏む技術をよく、使います。

例を挙げてみましょう。

Dragon Ash「rock band」より

SHELTER, QUEにASIA
屋根裏に24のステージや
切磋琢磨し奴らと憧れ話し
思いをはせる黄昏の街

わかりますでしょうか?

1.SHELTER, QUEに「ASIA 」
2.屋根裏に24の「ステージや」
3.切磋琢磨し奴らと「憧れ話し 」
4.思いをはせる「黄昏の街」

個人的にヒップホップラッパーに負けないくらいkjはラップ上手いと思ってますが
これは凄い好きなラインです。

これまた音楽な要素ですが
小節は基本的に偶数、それも4の倍数が一番気持ち良いリズムになります。

音で聴いてもいいですが、これを頭の中で読んでも
4小節で終わると気持ちリズムになってると思います。

そして、韻。
1小節目の最後と2小節目の最後
3小節目の最後と4小節目の最後

で踏んでいる事がわかると思います。

これが最後ではなく頭でも同小節内に連続でもまあ成り立つんですが、
韻を効果的に使う時はその韻の踏み方の面白さもさることながら
そこに繋がる小節内の言葉も重要になってきます。
響きも重視するなら、1小節めと2小節の韻の位置も揃えると良いです。

○○と××で韻が踏める、とよくツィッターでは見かけますが
それを思いついたら今度は小節内にどう落としていくか?
そこが技術になってきます。

例えばパッと今思いついたんですが
信号機と慎重に、という韻。

これを小節に落とし込むとしたら

黄色点滅の信号機
進入は徐行で慎重に

など。
韻は言葉ですのでそこに繋がる言葉でどのようなリリックになるか?が変わってきます。

なのでせっかくいい韻が思いついても使い方次第で、うお凄い!ともなるし、なにいってだこいつ…にもなるのです。

ちなみに繋がる言葉で韻に関連性が出ると、綺麗な小節になるのですが
全く似ても似つかない言葉同士の韻も、繋ぎ方次第ですごく面白い小節になります。

かつての名ライマー、にぷつ氏より引用。

オススメバトルにもあげてる
シカゴ氏とのバトルより

内股のカマせ犬、漏れそうなの?早くいけよ電信柱 
肛門丸出しのセクシーアニマル

電信柱とセクシーアニマルで踏んでますが
かませ犬や漏れそう?などで繋いだために
小節として成り立ちパンチラインと化してします。

彼は常人じゃ思いつかない言葉を韻にして、繋ぎ合わせて小節にする技術、センスが
ずば抜けていたのでいつ読んでも飽きないし、また読みたくなるライマーでした。

長くなってしまいましたが、まとめると
韻を思いついたら、それに言葉を繋いで
小節にする作業を行ってみると、
「リリック」に昇華出来ますし、ネットライムも楽しく行えるようになってきます。

ぜひ、ガンガンリリックを書いていき、
みんなで韻で遊びましょう!

スポンサーリンク