スポンサーリンク

【HIPHOPレビュー】Starving Artists Crew / Up Pop The Sac

デトロイトの白人4人組によるStarving Artists Crewのアルバムです。

2003年に発売されました。

1. Intro

2. The Ill Na Na

3. Sac Swagger 

4. Feed the Homelss

5. The Kick Clap

6. Saggy Pants

7. Grateful Dead

8. Organic Chemistry

9. Motivate

10. Artistry Redux

11. B-Boy Buffet

12. The Promise

13. Vic to the Hailers

14. Up Pops the Sac

15. Five Day Trippin

16. Game of Steel

17. 96 W. Ferry

18. Dedicated

19. Swing (Japan Bonus Track

ジャズのサンプリングといえば…絶対に名が挙がるアーティストだと思います。

2003年という時代を考えると少し古臭さを感じるようなトラック群ですが、それがまた味わい深いですね。

キャッチーで跳ねるようなトラックをノリノリで乗りこなしていく彼らのラップはとても気持ち良いです。

トラックがドツボな物ばかりで個人的には捨て曲無しです!

とはいえやっぱりこの曲はオススメせずにはいられません。

Starving Artists Crew / Organic Chemistry

サックス奏者John ColtraneのCentral Park Westを大胆にサンプリングしたトラック。

元ネタ↓

John Coltrane Quartet – Central Park West

まんま使いじゃないとこも個人的にはプラスです。

ベタですがやっぱりいいですよね笑

最初から最後まで中弛みせずに聴ける良アルバムだと思います。

さて、余談ですが惜しまれつつ2005年に解散した彼らですが、解散理由は音楽性の違いとかでは無くメンバーのSPのお引っ越しなんだとか…

再結成してくれたらなぁ、なんて事を良く思います…。


Up Pops the Sac

Amazonミュージック

Written by 蚯蚓
他のHIPHOPレビューはこちら
その他、ネットライムで遊んだりレビューがしたいという方はこちら

スポンサーリンク